社会保険労務士は最近では人気の資格となっていて、その受験者も増加しています。現在ではその社労士も飽和状態となってきており、職業としてでなく、就職活動におけるプラスアルファの資格としての意味合いも強くなってきているとも言うことができます。ですが、合格率は10%前後と比較的難しい試験であることは確かです。
そういった資格に対してきっちりと合格するためには、やはり学習方法をしっかりと考える必要があります。まず、基本としては独学ということになりますが、これでは集中力を高める必要もありますし、学習範囲もかなり広いので大変です。ですから、多くの人は通信講座を利用しています。一般に通信講座と言えば、テキストと問題集で回答を送り、採点結果が返ってくるといったものでしたが、近年は音声のCDも加わるようになり、さらには講義の映像を収録したDVD等のメディアも含まれるようになってきています。
フォーサイト等の通信講座では、実際の講義を収録した講義DVDが含まれており、これが評判が高くなっています。もちろん他の通信講座でもこういったDVDが利用されるものも多くなっています。テキストだけだとどうしても集中力が続かなくなったりしがちですが、映像があればまた変わってきます。それをさらに進めると通学で生の講義を聴くのが一番なのですが、この場合、費用が高くなるのと、スケジュールの関係でなかなか難しいといったことがあるようです。特にサラリーマンやOLといった社会人の場合、時間の調整が最も難しい部分なのかもしれません。