社会保険労務士の資格に興味があるという方は多いかもしれませんが、実は受験資格が必要な資格になるということは知らなかったという方は意外に多いようです。
社労士は誰でも受けられる試験ではありません。学歴か実務経験、または指定の国家資格取得者でなければ試験を受ける資格がありません。資格がない場合、当然ながら試験を受けることができないため、社会保険労務士としての資格を取得することもできません。資格を取得するには、高等専門学校、または短大や大学を卒業する人、企業での労働保険や社会保険手続きといった、人事や労務の経験が3年以上ある人、または社会保険労務士、もしくは社会保険労務士法人、または弁護士法人の業務の補助に3年以上従事した方の場合、資格を得ることが可能になります。
資格取得としては代表的なもので公務員試験や司法書士試験、弁理士に税理士などといった資格を取得している場合、資格を得ることが出来ます。
資格を得ることがどうしてもできないといった方は、残念ながら社会保険労務士の資格はあきらめるしかないといったことになります。どうしてもあきらめきれない方の場合、先に他の資格取得を目指すか、または社会保険労務士や弁護士事務所などで働きながら、3年以上実務経験を積んでいくほかありません。
最近では社会保険労務士事務所などでも、あまり募集を数多くしているとはいえませんので、働きながら目指すというのは、なかなか狭き門になってしまうかもしれません。企業での労務などを経験できる職場を探し、3年以上実務経験を積んでから試験に挑むのが一番現実的かもしれません。